私の妊活時に取り組んだこと

私が、結婚後はすぐに妊活しようと思ったのは、職場の先輩が結婚後1年経過しても、なかなか妊娠しないと悩んでいたからです。結婚して、避妊をしなかったら、すぐに妊娠すると思っていた私は、その先輩の悩みを聞いた時、とても驚きました。

そこで、私は結婚後、いつか子供が欲しいと思ったときに妊娠できるように、妊娠しやすい身体づくりをしよう、と思いました。その後、私は結婚し、今すぐ子供が欲しい、と思ったわけではありませんが、いつか子供が欲しいと思ったときに、すぐに妊娠できるように妊活を始めました。

まず、最初に行ったことは、冷え性改善です。私は、長年冷え性に悩んでおり、冷えが原因で、妊娠できにくいと聞いたことがあったからです。冷え性の改善のため、冷え性に効能がある温泉に通いました。週1回程度通って、身体を温めるようにしました。

夏はエアコンになるべく当たらないようにして、身体を冷やす食品は避け、なるべく暖かいしょうが紅茶を飲むように心がけました。また、筋肉がないと身体が冷えると聞いたので、少しでも運動をするようにしました。アルコールは避け、煙草の煙もなるべく避けるようになりました。

また、妊娠初期に風疹にかかると、子供に障がいが残ることがあるとテレビで知り、内科で風疹の予防接種を受けました。10年くらい効果があるそうです。予防接種後、すぐには妊娠できないようなので、早めに予防接種をうけるほうがいいかもしれません。また、妊娠中は予防接種を受けることができないようです。

そして、基礎体温を測るようにしました。基礎体温を測ることで、排卵のタイミングを知ることが出来るようになります。始めた当初は、測り方が下手だったのか、あまり体温の変化がわかりませんでしたが、今では、排卵のタイミングをつかめるようになりました。

あとは、女性のための医療保険に加入することを検討しはじめました。妊娠してから保険に入るのは難しいと聞いたので、妊娠してからのリスク等も考えて、保険にいつ入るのか、考え始めました。妊娠は病気ではないけれど、自分の体に大きな変化をもたらすものなので、自分のことも子供のことも守っていけるのは自分自身だということを考えて、旦那と相談しています。

いつか子供が欲しいと思った時に、なかなか授かれないのはとてもつらいと思います。将来のことを考えて、自分の体質作り、周りの環境づくりを今後も続けていきたいと思います。